ITEM LIST 商品一覧

  • シャンプー
  • トリートメント
  • オイル
  • ヘアーアイロン
  • ギフト

開発秘話

一年の歳月をかけて、開発された「奇跡のシャンプー」のエピソードを紹介。

似合わせの法則

あなたの中のキレイが目覚める。
RITZ「似合わせの法則」完全公開!!

RITZ 金井豊のFlyingBlog

RITZ金井豊のオフィシャルブログ
「Flying Blog」はコチラ

スタイリングチェア LUKE

RITZ HAIR CARE ESSENCE 『もっと美しい髪へ』

「RITZヘアーケアシリーズ」に、天然エモリエント成分を配合したRITZ Hair Care Essenceが仲間入り!

RITZ HAIR CARE ESSENCEが誕生

髪の質感や、手触りへのこだわり

紫外線・乾燥・アイロンによるダメージとともに、
髪の質感や、手触りへのこだわりが高まってきました。

輝きのある髪の美しさを追求!

シルクのような輝きのある髪の美しさを追求してきた
「RITZヘアーケアーシリーズ」に、 天然エモリエント成分を
配合した「RITZ Hair Care Essence」が仲間入り!

髪一本一本をしっかりと保護

髪一本一本をしっかり保護し、あなたの髪に
しなやかさと、輝きを与えます。

FEATURE 3つの特徴

天然エモリエント成分18 MEAを新処方でしなやかで輝きのある髪に

新処方された天然エモリエント成分18 MEAは、
髪の毛のツヤや水分量を調整、髪の毛に保護フィルムを形成し
パーマ・カラー・紫外線で傷んだ髪を保護し、
髪にツヤと、柔軟性を与えまとまりのある髪に仕上げます。

保湿はツバキ油・緑茶等、植物オイルのベストマッチング配合

日本人の髪には昔から使われてきたツバキ油を始め、
緑茶・スクワラン・ヒマワリオイル・オリーブオイル・ホホバオイルを高濃度でブレンドし、
うるおい成分を髪内部に浸透させ上質でしなやかな髪に仕上げます。

天然エキスで手軽に髪をリペア

天然オイルに含まれるトコフェロール(ビタミンE)とアミノ酸は、
乾燥したパサパサヘアをまとまりのあるしっとりヘアに仕上げます。
また、オイルなのにべたつきが少なく、
さらっとした使い心地で髪のコンデショニングを整えます。

HOW TO USE 使用方法

「ベース剤」として ツバキ油を始めとする数種類の天然オイルの成分が、髪を乾燥から守ります。また、髪を乾かす前に付ける事で、天然エモリエント成分が(髪の表面に髪の毛のツヤや水分量を調節して)髪の潤いを保ちます。

あらかじめ、髪の水分をしっかりとタオルでふき取っておきます。
ベース剤として付ける場合の適量は、ショート ~ ミディアムは百円玉大、
セミロング ~ ロングは、五百円玉大の量がオススメです。

手の平に伸ばしたRITZヘアケアエッセンスを毛先中心に付けます。
この時、手グシで しっかりと全体的に馴染ませると効果的です。

髪の根元(頭皮)の方から乾かすように、全体を乾かして行きます。
毛先は乾燥しやすいので、先に根元の方から乾かすことで、オーバードライを防ぐことができます。

アイロン前の「ヒートプロテクション」 として オイルに配合されている天然成分が髪に保護フィルムを作り、熱や紫外線などの外部ダメージから髪を守る働きがあります。

まず、髪を乾かした状態で、RITZヘアケアエッセンスを適量取ります。

手の平でよく馴染ませ、髪のキューティクルが損傷しやすい髪の中間から毛先にしっかりと手櫛で付けます。

アイロンを当てる時は、熱を140℃以下で、アイロンを当てる時間を少なくするとダメージも抑えられます。
乾燥が気になる方は、仕上がりにRITZヘアケアエッセンスを手櫛で毛先に付けると、乾燥から髪をより守る事ができます。

「スタイリング剤」にミックスして 時間が経つと、髪が乾燥してしまう方にオススメの使い方です。いまお使いのスタイリング剤にミックスする事で保湿感を高める効果があります。ヘアオイルの保湿感とスタイリング剤のホールド力を保ち、動きのある毛束感とツヤを与えます。

まずは、いつものスタイリングの時と同じように、ベースにワックスを薄く付けます。(先に全体を軽くホールドする事で、スタイルを長い時間キープできます。)

ワックス・クリームに RITZヘアケアエッセンスをミックスし、手のひらで馴染ませ、髪に馴染みやすいミルク状にします。ホールド力を出したい時はワックスを多めに、保湿感を出したい時はRITZヘアケアエッセンスを多めにミックスします。

乾燥しやすい毛先に揉み込むように付けて、スタイリングします。
毛先から付ける事で、乾燥しやすい毛先を保湿することができます。

RITZヘアケアエッセンスのご購入はこちら